スポンサードリンク

カサブランカ

カサブランカの育て方|球根を太らせ毎年栽培

秋まき秋植え草花カサブランカ

CasablancaA.jpg
カサブランカ、存在感がある


Casablancax.jpg
カサブランカの香りも良い


カサブランカ(Lilium 'Casa Blanca')は、
ユリ(百合)のなかでも20~25cmの直径の大きい花を咲かせ、
開花期には、良い香りが漂いとっても優雅なユリです。

ヤマユリやタモトユリ、カノコユリなど、
オリエンタルハイブリッド系の代表的な品種です。

カサブランカの育て方は、それほど難しくありません。
いくつかの注意点に留意して育てると、
鉢植え、プランター、地植えでも、
毎年、みごとな花を咲かせてくれます。
開花期は、6月~8月ごろです。

カサブランカの花言葉は「純潔」「雄大な愛」「威厳」「高貴」。

CasablancaC.jpg
カサブランカの発芽、4月


blub250.jpg
カサブランカの球根


カサブランカ球根植え付け

・植え付け時期
球根の植え付けは、10月中旬から11月に行います。
ぎりぎり1月までは、だいじょうぶと言われていますが、
適した季節に新しい球根を植えたほうが良いでしょう。

・栽培場所
ユリは一般的に日光を好みますが、
カサブランカは半日陰で、水はけの良い場所が好きです。
西日が当たるところは苦手で、育ちが良くありません。

・用土鉢植え、プランター植えの土は、一般の培養土か、
赤玉土6、腐葉土3、パーライトか川砂1ぐらいの、
水はけのよい用土に植えつけます。
庭植えの場合は、庭土に腐葉土と石灰を混ぜて、
水はけをよくして植えます。
緩効性化成肥料など元肥も加えましょう。

ユリは、連作が苦手なので、
ユリを植えたことのない土、場所に植えつけます。

・球根の植え付け
鉢・プランター植えの場合の覆土は球根一つ分の深さ、
庭植えの場合の覆土は球根3つ分の深さに植えます。

植え付ける間隔は、球根2~3個分くらいです。
土中の茎から根が発生するので深植えしてあげます。

・水やり
カサブランカの水やりは、
鉢・プランター植えの場合、土の表面が乾いたら与えます。
夏場の開花期は水切れしないよう乾く前に与えます。

ユリの球根は乾燥に弱いので、葉のない時期でも、
鉢・プランターで育てる場合には、
球根を乾燥させないくらいに水やりします。
庭植えの場合、水やりは、ほとんど必要ありません。

カサブランカは、元肥のほかに
芽が出たときに固形油粕などを、
花後のお礼肥に施します。
鉢・プランター植えの場合は、
緩効性の化成肥料などと液体肥料を定期的に与えます。
地植えの場合は即効性の化成肥料で良いでしょう。

・病害虫
葉枯れ病、根腐れ病、立ち枯れ病、さび病などに、
かかることがあります。

過湿がいちばんの原因になるので、
排水の良い土で通風しよく栽培するようにして予防します。
植付け前に、薬剤で球根を消毒しておくと効果的です。

害虫では、アブラムシが付きやすく、
ウイルス病を媒介するので、発芽し葉が枯れるまで、
オルトランなどを定期的にまきます。


花後手入れ

カサブランカの花が終わったら、
花がらを摘み、次の花の成長を促します。

最後の花も咲き終わったら、早めに摘み、
球根に養分がまわり太らせるようにします。
葉っぱは、枯れ落ちていくまで、
切らずにしておくと球根の太りを促進します。

カサブランカを切花で使うときも、
茎の半分を残してあげると、球根に養分が行きます

鉢植えの場合は毎年、庭植えの場合は3年に1度ぐらい、
秋の植え付け時期に掘り上げて分球し植えつけます。
庭植えの場合は連作障害が出るので、別の場所に植えます。

kurukuru.gifPOINT!
・半日陰で、水はけの良い場所が好き
・連作障害が出るのでユリを植えたことのない場所に
・過湿にすると病気にかかりやすい

>>カサブランカの球根を見てみる


スポンサードリンク
TOPPAGE  TOP 
1