スポンサードリンク

エリカの花が落ちてしまう理由は?

erika1.jpg
エリカの花、青空に映える


エリカは南ヨーロッパおよび、
アフリカが原産の常緑低木です。
冬から早春にかけて、小さな花をたくさんつけて、
和ませてくれます。
数百もの品種がありますが、
日本の気候にはなじめないようです。
とくに夏越しでつまづく事が多いようです。
本来はじょうぶで育てやすいので、
夏と冬の過ごし方がポイントになるでしょう。


エリカ落ちてしまう理由は?

1.水切れを起こした
エリカは、開化中に水を切らすと、
花が落ちることがあります。

鉢土の表土が乾燥したころ、
たっぷりと水やりをします。

受け皿にたまった水は即刻捨てましょう。
根が細かく乾燥にはひじょうに弱いので、
用土の状態には注意します。

2.暖房のきいた室内に置いた
エリカは寒くなったら風の当たらない、
室内の窓辺で管理をします。

秋から春にかけての生育期は、
日光にもよく当てたいのですが、
室内の湿度が足りないと、
弱ってしまう事があります。

状況に応じて霧吹きなどを使って葉水を与えて、
乾燥を防ぐとよいでしょう。

3.根腐れや排水不良
エリカは水はけのよく通気性のある環境下で、
管理をするとよく育ちます。

用土が過湿ぎみになると、
株があっというまに弱ってしまうので、
適湿を保つようにしましょう。

根の生育が活発なので、根詰まりを起こしやすく、
店頭に並んでいるときには、
根鉢がまわっていることも多いです。

エリカの植え替えの適期は4月ころです。
毎年植え替えをし、
鉢の中が蒸れないように気を配ります。

>>エリカの詳しい栽培方法へ