スポンサードリンク

ウメの育て方1|苗木は品種の確認をしっかり!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ume (2).jpg
ウメ、春の訪れを教えてくれる


科名:バラ科
形態:落葉中高木
英名:Japanese apricot
学名:Prunus mume
原産:中国
開花:2月上旬~3月下旬 


ウメはたいへん強く美しい木で、
老木になるほど、その枝ぶりや樹も趣が増してきます。

早春に良い香りの花を咲かせることから、
庭木、盆栽として古来から広く親しまれてきました。
全国各地に名所、名木がたくさん存在します。

ウメは、薬用の木として昔から日本に伝えられ、
「万葉集」では、花を楽しむ木として紹介されています。

花の美しさはもちろん、甘い香りも魅力のひとつです。
品種改良がとても盛んで、花の咲き方、色、枝の出し方など、
種類のバリエーションもたいへん豊富です。

・品種
園芸品種の分類として300種類以上あります。
原種に近い野梅系「紅冬至」、「紅筆」、「白難波」、
枝の断面が紅色な紅梅系「緋の司」、

アンズとウメの中間の性質を持った大果の豊後系「楊貴妃」、
アンズの雑種に該当する杏系「緋の袴」など、
大きく分けると4系統になります。

それぞれに早咲き、遅咲きと2種類あります。
花のサイズは大輪、中輪、小輪に分かれ、
色は紅色や白の他、桃色、赤が作られています。

実を収穫して梅酒等に使用する「実ウメ」と、
花を楽しむ「花ウメ」に分類することも可能です。
好みと目的にあったウメを選ぶことが大切です。

>>ウメの育て方2|枝数を増やす剪定で多くの花を
の記事に続きます

スポンサードリンク


現在の人気記事は???