スポンサードリンク

カンナの育て方 日当たりと高温を好む

  • 投稿日:
  • by flower777
  • カテゴリ:

CannaA.jpg
カンナ、真夏に元気に咲く


CannaB.jpg
カンナの黄色も鮮やか


CannaD.jpg
カンナ トロピカルローズ、ミニタイプで初夏から晩秋まで咲き続ける
C)産直花だん屋 


カンナ(Canna、学名:C. x generalis)は、
カンナ科カンナ属、熱帯アジア、アフリカ、
中南米などが原産地の多年草です。

別名は、ハナカンナ、オランダダンドクとも、
よばれています。 

夏の花壇にはなくてはならない存在です。
矮性種も人気があります。

主な種類
・高性種 1.5~2m
・矮性種 50㎝~1m

カンナは大柄で品種が豊富です。
水揚げが良くなく、切り花には不向きです。

赤、オレンジ、黄色、ピンク、レモンイエローなど、
カラフルな色があり、大きな花をつけます。

カラーリーフとしても楽しめるほど、
葉も花に劣らず色が鮮やかです。

カンナの花言葉は、「永続」「情熱」「熱き思い」。

カンナの常夏を思わせる情熱的な存在感は、
気持ちを高揚させ、元気を与えてくれるでしょう。

いずれも、4月~5月に植えつけると、
6月半ば~10月ころまで花が咲きます。


カンナ育て方 栽培方法

・植え付け
霜が降りなくなった頃が最適です。
目安として4~5月頃がよいでしょう。
水はけのよい培養土に、緩効性肥料を
混ぜたものを用います。

2~3㎝の深さ、芽が隠れるくらいを目安に植えます。
鉢植えの場合は、矮性種が向いています。
5号鉢に1球がよいでしょう。
プランターや地植えでは、
球根の植え付け間隔は30~40cmとします。

大きな花を咲かせるには、
一番花が終わったら地植えにします。

・置き場所
日当たりのよい屋外に置きます。

・水やり
土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

・掘り上げ
鉢植えの場合は、10月~11月ころがよいでしょう。
株元で茎を切り落としたあと、
鉢土を崩さないように掘り上げます。
ピートモスなどと一緒にビニール袋などに入れて、
乾燥を防ぎ冷暗所に保管して冬越しさせます。

・分球
植え付けをする4月~5月に行います。
消毒をした刃物で、2~3芽ずつ切り分けます。
切り口には、草木灰をつけて腐敗を予防します。

・肥料
元肥として、緩効性の化学肥料を使います。
9月頃までは、生育に合わせて、
追肥をするのがよいでしょう。

生育期は肥料を切らさないようにし、
それ以外では肥料の与えすぎに注意します。

・病害虫
モザイク病を見つけたら、直ちに抜き取ります。
アブラムシがつきやすいので、早めに防除します。

kurukuru.gifPOINT!
・球根は乾燥が苦手、乾燥を防ぎ冷暗所に保管する
・一番花が終わったら地植えにすると良い花がつく