スポンサードリンク

ブルーベリーの育て方|透かし剪定し成木は強剪定で

blueberry.jpg
ブルーベリーの実、色合いもきれいです


科名:ツツジ科
形態:半落葉低木
英名:blueberry
学名:Vaccinium ssp.
原産:北アメリカ
開花:4月中旬~4月下旬
   
「ブルーベリー」と呼ばれている名前の由来は
英名の Blueberryからきています。
意味は果実が濃い青紫色に熟すことから
ブルーベリー(Blueberry)と呼ばれています。

果実はそのままフルーツとして生で食べたり、
ジャムやお菓子、ジュースなどに利用できます。
目によいアントシニアンを多く含み、便秘解消や
コレステロールの増加防止、抗酸化作用があるので、
老化防止などにも期待されている果実です。

・品種
ブルーベリーは寒冷地向きのハイブッシュ系、
暑さに強いラビットアイ系、
カナダやアメリカに自生するローブッシュ系
新しい系統のサザンハイブッシュ系と大きく4つに分かれます。


blueberry hana.jpg
ブルーベリーの花、とても愛らしい


ブルーベリー育て方 栽培方法

・苗選び
他家受粉性なので、実を沢山なるようにするには、
開花が同じ時期の2品種以上を植えるのが好ましいです。

品種によって好む環境が変わってくるので
入手する際、はっきり区別出来るお店を選びます。

・植え付け
12月~2月、日当たり、風通し、水はけのよい場所が理想的です。
午前中だけ日があたるぐらいでも実つきは悪くなりますが育ちます。
荒木田土のような粘質の土には、黒土や赤土をまぜます。

ブルーベリーはツツジ科なので、酸性の土壌を好むため、
植え場所に鹿沼土やビートモスをまぜておきます。

湿度を与えすぎないよう、60cmぐらいのことろに高植えをし、
ビートモスで地表を覆うようにします。

・剪定
1月中旬~2月中旬ごろ、樹の中心部にスペースを作り
風通しを良くすることを心がけて透かし選定を行います。
5年以上実がついた古い枝も根元から切り取り、
新しい枝に更新してきます。

残った枝の中から主軸となる枝を決め、
ヒコバエや伸びすぎた不要な枝を取り除き整理します。

・増やし方
ブルーベリーは挿し木で増やすことが可能です。
梅雨の6月下旬~7月上旬ごろなると、
勢いよく伸びた新しい枝の成長が一時的にストップします。
この時期が緑枝挿しの適したタイミングです。

真っすぐ伸びた元気のよい枝を選び、
10cmほどの長さに切り、葉を2枚ほど付けて挿し穂木を作ります。

・施肥
1月~2月と8月ごろに、骨粉と油かすを同じ量まぜたものか、
リン酸を多く含んだ粒状化成肥料を株元にまきます。

・病虫害
特に注意する必要はありません。

kurukuru.gif育て方のポイント!
・苗の大小の大きさは、生長にあまり関係ありません。
・株立ちになってまとまるので、古い枝を更新していきます。
・自家不稔性が強いので、品種が違うものを2~3本取り揃えます。