スポンサードリンク

サルスベリの育て方 剪定時期が栽培のコツ

sarusuberiA.jpg
真夏の赤いサルスベリは美しい


sarusuberiB.jpg
サルスベリの白も涼しげ、紅白で育てると楽しい


サルスベリ(学名:Lagerstroemia indica)は、
中国原産の落葉中高木です。

「サルスベリ」という名の由来は、
幹が太くなると古い樹皮が剥がれ落ちて、
新しいすべすべした樹皮になるため、
サルが登っても滑るほど、ということでつけられました。
実際には、サルは滑らずに簡単に上ってしまうようです。

サルスベリの別名は百日紅(ヒャクジツコウ)と言います。
花が7月から9月の真夏にかけて、
約3ヶ月も咲き続けるため名づけられました。

1つ1つの花が100日間も咲き続けるのではなく、
実は花の寿命は1日しかないのですが、
次々に新しい花が咲くため、
咲き続いているように見えるのです。

バナバ茶の原料の葉も、サルスベリの仲間です。

鉢植えには、1年で花がつくように改良された、
一才物の矮性種の「あすか」などが適しています。


サルスベリ育て方 栽培方法

・苗選び
葉が元気で色つやが良く、花の数が多いものを選びます。

・置き場所
日当たり、風通しが良い場所に置きます。
特に風通しが悪いと、
うどんこ病にかかりやすくなるので注意します。

・水やり
土が乾いたら、水切れを起こさないように、
鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水を与えます。
サルスベリは生育期に水切れを起こすと、
花付きが悪くなってしまいます。

・剪定
葉が落ちた12月~3月頃に行います。
こんもりと丸くなるように、強めに刈り込みます。

さらに3月頃の新芽が出る前に、
徒長枝を軽く剪定し、株の形を整えます。
こうして剪定することにより、
春から伸びる新枝の先に、たくさんの花が咲きます。

逆に剪定の時期が遅れると、
花が咲かないことがあるので、注意しましょう。

・植え替え
サルスベリの植え替えは、3~4月頃に行います。
株を鉢から抜き取り、
赤玉土(小)7:腐葉土3で混合した水はけのよい土に、
緩効性化成肥料を3g/L混ぜて、
一回り大きな鉢に植え替えます。

・挿し木
サルスベリの挿し木を行う場合は、6~8月に行います。
新枝を10cmに切り、一番下の葉は落とし、
その他の葉は半分切って鹿沼土に挿します。
根が出たら、3号ポットに植え替えます。

・施肥
花が終わった後にお礼肥と、2月頃に寒肥として、
発酵油かすか緩効性化成肥料を株元に施します。

・病虫害
風通しが悪いと、うどんこ病が発生しやすくなります。
うどんこ病が発生したら、初期に薬剤をまいてください。

kurukuru.gifPOINT!
・日当たり、風通しの良いところで育てる
・剪定時期は、12月~3月頃
・生育期の水切れに注意して

>>サルスベリの苗を見てみる