スポンサードリンク

ボケの美しい育て方|日当たりの場所で栽培します

  • 投稿日:
  • by flower777
  • カテゴリ:

boke.jpg
ボケ、愛らしいマーブル模様


boke2.jpg
ボケ、強く育てやすい


科名:バラ科
形態:落葉低木
英名:Flowering Quince
学名:Chaenomeles speciosa
原産:中国
開花:1月~4月

「ボケ」という名の由来は、実が瓜に似ていて、
木になる瓜で「木瓜(もけ)」と呼ばれていたものが
「ぼけ」に変化してきたという説があります。

改良が盛んな花木で、種類も豊富です。
庭木や街路樹によく用いられるようになりました。
実は果実酒を作ることが可能です。

・品種
中国産の数種類と、日本産のクサボケがあります。
その園芸品種や交配種が多く存在します。

花の形は一重、八重、半八重があり、
花の色はピンク、赤、白、絞り模様が入るものなど
バラエティーに富んでいます。


ボケ育て方 栽培方法

・苗選び
品種物を手に入れる時は、品種を確認し
特徴などをチェックしながら購入します。

信用がおけるお店で入手しないと、
根頭がん腫病にかかっている可能性もあるので気をつけます。

・植え付け
ボケの植え付けは秋のお彼岸から11月が適しています。
根をよく消毒すれば、春のお彼岸にもできます。

日当たりがよく、水はけのよい広い場所に植えます。
湿地は嫌いますが、水もちが悪い土には肥料をまぜます。

根がよく広がるよう大きめに穴を掘り、
高植えにし、支柱を立ててたくさん水やりをします。

・剪定
時期は花芽がわかりやすい9月下旬~11月に
樹形を整えるため、日当たりや風通しを
よくするために剪定をします。

古い枝を切っても芽が残っていれば新しい枝を伸ばし、
花を咲かせることは可能なので、
庭の大きさにあった樹形に整えることが可能です。

・増やし方
ボケは挿し木で9月~10月に増やします。
挿し木は10cmぐらいに切り口を斜めに切り、
1時間ほど吸水後赤玉土を使った鉢に挿します。

・施肥

花のためには1月の寒肥が大切です。
油かすや鶏のふんを根元にばらまきます。

また8月下旬~9月上旬に油かすと
粒状化成肥料を同じ量混ぜたものを
3握りほど根元にまきます。

・病虫害

テッポウムシ、アブラムシ、赤星病が発生しやすいので、
開花後と生長期中は、定期的に薬剤を散布し駆除します。

kurukuru.gif育て方のポイント!
・水を好み夏の乾燥に弱いため、鉢植えは深い鉢を選びます。
・ボケの鉢植えは根詰まりを起こすので、2年に1回は植え替えます。
・暑さ寒さに強いので年間を通して日当たりが良い場所に植えます。