スポンサードリンク

シクラメン 葉が黄色くなる理由は?

  • 投稿日:
  • by flower777
  • カテゴリ:

cyclamen (20).jpg
シクラメンの葉の様子は観察するようにします

シクラメンやガーデンシクラメンの葉が黄色くなる症状には、
いくつかの原因が考えられます。

黄色くなった原因とその対策をご紹介します。


■シクラメン 葉が黄色くなる理由は?

1.日当たりが悪い
極端な日陰など、日当たりの悪い場所で育てていると、
葉が黄色く変色することがあります。

また、日陰で育てていなくても、葉と葉が重なって、
陰になっている方の葉が黄色くなることがあります。

日当たりの悪い場所で育てている場合は、
日当たりの良い場所に移動させましょう。

葉と葉が重なっている場合は、葉を軽く引っ張ってずらし、
できるだけ重ならないようにしておきましょう。

2.ストレスにあった
それまでいた環境と、全く違った環境に突然移ると、
ストレスがかかって葉が黄色くなって枯れてくることがあります。

本来であれば、徐々に環境に慣らすのが一番ですが、
すでに症状が出ている場合は、枯れている葉を取り除き、様子をみましょう。

開花期であれば、日向~半日陰の場所で管理し、
水は土の表面が乾いたら与えるようにします。

無理に肥料を与えると、肥料焼けを起こしてますます株が弱ることがあるので、
調子がよくなるまでは、無理に与える必要はありません。


cyclamen (11).jpg
元気に咲き続けるのは肥料も必要です


3.肥料切れしている
生育期である秋~春までの間は、開花期でもあります。
花を咲かせるにはエネルギーが必要ですので、
定期的に肥料を与えるようにします。

途中に肥料切れになると、葉が黄色くなるという症状が出ることがあります。
突然、高濃度の肥料を与えてしまうと、根が焼けたりすることがあるので、
通常の倍に薄めた液体肥料を、様子を見ながら与えてみます。

4.病気にかかっている

シクラメンがかかる病気の中に、委ちょう病というものがあります。
根から菌が侵入し、葉がだんだんと黄色くなって腐ってくる症状が出ます。

高温多湿の環境になるとかかることが多いため、梅雨以降の発生が多くなります。

かかってしまった株は、残念ながら治すことができませんので、
他の株に感染する前に、土ごと掘り上げて処分します。

専用の薬剤を使って予防することもできますが、
高温多湿の環境にならないようにすることが一番簡単な方法です。

■参考
・シクラメンの栽培|咲かない、枯れる理由は?
・シクラメンの育て方|葉組みと花寄せをして形を整え栽培
・シクラメン 夏越しは?