スポンサードリンク

アジサイの種類

ajisai (21).jpg
ハイドランジア マジカルノブレス、花びらの中央が最初に緑で、だんだんピンクになります♪


アジサイはたくさんの種類があります。
木の大きさ、葉の色形、花弁の色形が多彩で、
知れば知るほど奥深く興味深いものです。

しっとりとした和風のヤマアジサイ、
日本の原風景ともいえるアジサイやガクアジ
サイ、西洋からやってきた鮮やかな西洋アジサイなど、
自分の好みや庭に似合う種類を選ぶのも楽しみの一つです。


■アジサイの種類

1.アジサイ(H. macrophylla var. macrophylla)
 ガクアジサイ(H. macrophylla f.normalis)

 
日本人に最もなじみ深いアジサイです。

手まり型のアジサイはアジサイと呼び、
両性花(雄しべと雌しべのある部分)と、

装飾花(花びらに見える部分)の両方がみられる、
花をガクアジサイと呼びます。

ガクアジサイは、アジサイの原型と言える品種です。

手まり型のアジサイは、ガクアジサイの亜種ですが、
可愛らしい花の形が好まれ、販売されているアジサイでは、
手まり型が主流になります。


gakuajisai (2).jpg
両性花と装飾花


ガクアジサイには、両性花と装飾花の2種類の花があります。
ガクアジサイの中央部分に密集している丸い花が両性花で、
雄しべと雌しべがあり、種を作ることができます。

手まり型のアジサイや、ガクアジサイで、
両性花を囲むように裂いているのが装飾花です。

装飾花は中性で、種を作ることができません。


hanabi.jpg
ガクアジサイ「花火」


ガクアジサイには、
花が八重に咲き華やかな「伊豆の華」「城が崎」「花火」、
一重の花が清楚な「初霜」「クロジクアジサイ」、
装飾花の花びらに鋸歯状の切れ込みが入った「ナデシコガクアジサイ」、
が有名です。

手まり型のアジサイは、オーソドックスな容姿の、
「ホンアジサイ」「黄金葉」、
小さな装飾花内側にそりかえる「ウズアジサイ」などがあります。


ajisai05 (2).jpg
四季咲きアジサイ 霧島の恵


2.ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)
日本全域の産地や林などに自生しているアジサイの仲間です。
樹形は60㎝~100㎝で、枝が細く、葉は薄くて光沢がなく、
清楚で華奢な雰囲気です。

花は、ガク型や手まり型などとても多彩です。
中国・四国・九州のヤマアジサイは別名サワアジサイと呼ばれています。

花色は、白、薄青、薄紅が主流で、葉は光沢が無く、
薄くて小型で、中には葉裏に毛があるものがあります。

紫紅梅という品種が有名です。
小柄のガクアジサイ型のアジサイで、
中性花も装飾花も濃い紫いですが、
紫の中に紅が混じりとても清楚で華やかです。

鳥取県、兵庫県、京都府の山間部のヤマアジサイは、
別名近畿のヤマアジサイと呼ばれています。

ヤマアジサイの耐寒型で、花色は淡青紫色や淡紅色です。
葉は光沢は無く、薄くて中型です。

丹後ナデシコヤマアジサイはガクアジサイ型のアジサイで、薄紅色です。
丸みを帯びた鋸歯の装飾花がかわいらしい品種です。

岐阜県、愛知県、長野県の山間部に自生するヤマアジサイは、
別名関東のヤマアジサイと呼ばれています。
白い花が多く、葉は細い形をしています。


kurenai.jpg


関東のヤマアジサイは白のものが有名ですが、
長野県のクレナイ(紅)は、鮮やかな紅色のアジサイで、
ファンも多く根強い人気があります。

北陸から東北、北海道に自生するヤマアジサイは、
エゾアジサイと呼ばれています。

大型で、瑠璃色の花のものが主流です。
冬は雪の下で越冬し、雪解けの後短い期間で急速に生長します。


ajisai (22).jpg
ハイドランジア マジカルレボリューションブルー


3.西洋アジサイ(H. macrophylla f. hortensia)
西洋アジサイ=ハイドランジア(Hydrangea macrophylla)は、
もともと日本に自生していたアジサイが西洋に渡り、独自の発展を遂げた後日本に逆輸入したものです。

性質は日本のアジサイと大きく変わりません。
日本のアジサイに比べ、タマアジサイの華やかな雰囲気の花が多いのが特徴です。

リップルは白い装飾花を紅色が縁どり、花に刷毛で塗ったようなグリーンが混ざる印象的な花です。
ミセス・クミコはピンク系の手まり型で、フリンジ咲きの装飾花が愛らしく、人気があります。


kasiwaba2.jpg
カシワバアジサイ


4.外国種のアジサイ
北アメリカ原産のアジサイのことです。

日本では、カシワバアジサイ(Hydrangea quercifolia)や、
アナベル(Hydrangea arborescens 'Annabelle')が人気です。

アナベルは、花芽が新梢が伸びてからできる習性があります。
アジサイは花後の剪定で花芽を切り落としてしまい、
花が咲かない、といった失敗をおこしやすい花です。


Annabelle.jpg
アナベル


アナベルは剪定の失敗がないので、初心者におすすめの品種です。
手まり型の、とても大きな花が印象的です。
カシワバアジサイは八重咲きで、円錐状の花が華やかです。

■参考
・アジサイ(ハイドランジア) の挿し木
・アジサイの色が出ない
・アジサイの育て方|剪定の仕方でたくさん開花します←庭植え
・アジサイの育て方 花後の剪定が栽培のコツ←鉢植え
◎アジサイの育て方.net

スポンサードリンク


現在の人気記事は???