スポンサードリンク

プリムラ・ジュリアン 花後の栽培

P. polyantha (1).jpg
プリムラ。花のあとの栽培環境が良いと、また咲き出します


プリムラはサクラソウ科サクラゾウ属の園芸植物です。
品種改良が盛んに行われたのは、主にヨーロッパです。

プリムラ・ジュリアンは、プリムラ・ポリアンサと
プリムラ・ジュリエ との交配種です。

プリムラ・ジュリアンは、猛暑の季節を乗り切れば、
秋から生育をはじめ、
翌年の春にも花を楽しむことが可能です。

プリムラ・ジュリアンの花色は黄色、赤、紫、ピンクなど華やかで、
中にはバラのようなつぼみを持っている品種もあります。

P. polyantha (5).jpg
プリムラの黄色も元気が良くてきれいです


■プリムラ・ジュリアン 花後の栽培

1.気温にあわせて置き場所を変えます
花が終わった4月ぐらいの時期は、
日当たりのよい戸外に鉢を出します。

ゴールデンウィーク過ぎから梅雨の季節は、
落葉樹の下など風通しのよい半日陰の場所に移し、
できるだけ涼しい環境を整えます。

盛夏の7月~8月は根の働きが悪くなるので、
水やりは控えめにします。

秋のお彼岸過ぎには、朝晩の気温がかなり低くなるので、
日当たりのよい戸外に再度鉢を動かします。

霜が降りる直前の晩秋には室内へ取り込み、
日当たりのよい窓辺に置きます。

2.肥料と株分けの注意点
肥料は暑い時期の7月~9月を除き、
週1回のペースで1000倍に薄めた液体肥料を与えます。

株分けを行うのに適した時期は、
5月中旬ごろまたは、9月中旬~下旬です。

株分けをしたものは、2週間ぐらいは半日陰に置いておきます。
この時に肥料は与える必要はありません。

>>プリムラの分かりやすい育て方はこちらです

スポンサードリンク


現在の人気記事は???