スポンサードリンク

アジサイ(ハイドランジア) の挿し木

  • 投稿日:
  • by flower777
  • カテゴリ:

ajisai.jpg
雨の多い時期の紫陽花は美しいです


ハイドランジアはヨーロッパで品種改良を受けた落葉低木です。
梅雨の季節に花を咲かせる代表的な植物です。

西洋アジサイの品種は従来のアジサイと区別するため、
属名の「ハイドランジア」の名前で呼ばれることが多いです。

主に、フランス、オランダ、ドイツ・ベルギーなどで
様々に交配された歴史があります。

花は大きく、色は赤、ピンク、赤紫など華やか色彩を楽しめます。
覆輪が入ったり品種もあり、ゴージャスな趣きを観賞できます。


Hydrangea2 (2).jpg
赤系統も充実しています


■アジサイ(ハイドランジア) 挿し木

1.挿し木を行う時期

ハイドランジアは、挿し木で苗を簡単にふやすことが可能です。
時期は梅雨の季節が一番適しています。

6月ごろに今年伸びた花がついていない新しい梢を使います。
挿し穂は先端部を3節ぐらいに切って作ります。

切り口をくさび形にするため、まず斜めに切り、
次に反対方向に切り戻し、20cmぐらいの長さにします。

ハイドランジアの葉は大きいので、葉の半分は切ってしまいます。
下の葉も切り落とし、蒸発量が多くならないようにします。


Hydrangea2 (3).jpg
淡い色味もステキです


2.挿し木後の管理方法

鉢の底には防虫網を敷き、ゴロ土を入れた後、
赤玉土、鹿沼土の単独か、バーミキュライトを3割ほど入れます。

挿し木後は半日陰で乾かないように管理します。
2~4週間ぐらいで根が生えます。

根が生えてから3~4号ポットに移し替え、苗を育てます。
花は来年咲くようになります。

◎挿し木の手順は↓
>>アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき