スポンサードリンク

アザレアの育て方|正しい剪定方法は?

Azaleanew (1).jpg


アザレアはアジア産まれのツツジを、
ヨーロッパで改良を重ねた園芸種です。
ツツジ類と性質がひじょうによく似ています。
樹高が低くてこんもりしたものが、
じょうぶな鉢を選ぶコツです。

アザレアは勢いよく育ち、
放置していると株が乱れてきます。
見ための印象が悪いばかりではなく、
風通しが悪くなったり日が当たりにくい枝がでてきて、
花つきにムラが出てきます。
樹勢を整えることも兼ねて、
よい時期に思い切って枝を切り戻しましょう。


アザレア正しい剪定方法は?

1.花が終わったら切り戻しを
アザレアの花が咲き終わったら、剪定をしましょう。
風通しをよくし、樹勢をととのえると、
わき芽がふえて来年にたくさん花を咲かせることが、
期待できます。
全体の形を整えるような感じに枝を切り戻します。
秋ころに求めた鉢花の場合は、
春まで待ってから切り戻しと植え替えをするとよいでしょう。

2.剪定をする枝の選び方
アザレアは春に強い剪定をしても大丈夫です。
一回り小さくなった感じに切り詰めます。
徒長した枝や、根元から生えたやご枝も切ります。

枝が込み合うと蒸れたり病気になることも考えられるので、
内側の細かい枝も切り落として、すっきりさせるとよいです。
切り詰めた枝は、挿し木に利用できるので挑戦してみましょう。

3.剪定でとくに注意したいこと
アザレアの剪定のタイミングは、
春の植え替え時です。
花芽は春から夏にかけて形成されます。
剪定は6月までには済ませるようにしましょう。

夏から秋などに枝を切り詰めると、
翌年の花芽まで落としてしまいますので、
剪定の作業の時期は遅れないようにします。
剪定後は、風通しのよい木陰などにおいて管理しましょう。

>>アザレアの詳しい栽培方法へ